FC2ブログ

ボストンテリア ブログ ムブログ

ボストンテリアを飼う事を決めました。肝心のボステリさんはまだいません・・・そんな犬無し犬ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットブームによる劣悪ブリーダー増加

ペットブーム、特に犬の人気が高いと思われる今日。

今になっての事では無いですがお金儲けに走るブリーダーやペットショップが増えています、、涙。


2、3日前夕方のニュースで増加する劣悪ブリーダーの特集をみました。

"売れる"子を作るための近親交配。

その結果生まれながらにして体に異常のある子、子どもをたくさん生むために使われて体のカルシウムが大きく奪われて歯が抜け落ちた犬。

なかにはカルシウムがほとんど無くなり下あごが無い子もいました。

不衛生な環境、排泄物まみれのようなところで飼われている子もたくさんいました。

これらは数多くの犬を売るために他頭揃える・揃えた結果、管理しきれなくなったブリーダーの増加によるもの。

そういった内容の特集でした。

なかには幸いにして里親たちにひきとられる事になった子たちもいました。

ひきとられる事の無かった子たちはその後どうなるのでしょうか?考えただけでも悲しくなります。

何ヶ月か前に都内某所のペットショップに行きました。

目当てで行ったペットショップの近くにおそらく個人経営の小さなペットショップもあったのでついでにそのペットショップも覗いでみました。

たくさんの犬がいました。

見た事も無い犬種もたくさんいました。

よく見ると『MIX』の表記のある犬も多数いました。

今、ペットブームと同時に"MIX犬"もちょっとしたブームになっています。たしかにMIXならではの独特なルックスでかわいいこもたくさんいます。

『とにかくかわいい子を飼いたい』

『人と違っためずらしい子を飼いたい』

そう考える人も多いのでしょう。その結果MIX犬も人気があるようです。

でもそれと同時にMIX犬は必ずしもかわいい子が生まれる訳ではありません。お母さんとお父さんの良いところが上手く調和された子なら良いですがそうでなかったら買手・里親もつかないでしょう。

そして"売れるかわいい子"が一頭生まれたとしたらきっとその影には"売れない子"もたくさんいるはずです。

そういう子たちは店頭に並ぶ事も無いのでしょう。

売る側のエゴで犠牲になってしまう子がたくさんいます。

わたしが行ったその小さなペットショップはMIXが多いのと同時にどこか不自然な子もたくさんいました。

わたしは目当てのボストンテリアがいないかと探したのですがそのお店には一頭だけボステリがいました。

でもどこか不自然でした。

2歳くらいになった大型犬、ゴールデンやブルドックもいました。

大きくなりすぎて買手が付かないのでしょう。

とても小さなケースでお店の奥の方に"陳列"されていました。

店頭のケースでは体を震わせているパグもいました。

パグなのに体はグレーハウンドのような細いからだでした。

季節はまだ寒い2月の事でした。

何日か前にテレビで見たこの特集とわたしが訪れたその小さなペットショップ。この現状がある上でわたしは犬を飼おうと考えています。

犬を飼う、ペットを飼うとなるとひとつの命を預かる事。ペットを飼おうとしている人で中途半端な気持ちで飼うつもりの人はきっといないと思います。

もちろんわたしも中途半端な気持ちで飼うつもりはありません。

むしろ預かった生命との別れがいずれ来る事やその時の悲しみを想像すると飼いたくても飼う事に躊躇する自分がいました。

今の自分にそんな気持ちがあるのは幼い頃に飼っていた愛犬との別れの経験があったからです。

愛犬は柴犬となにかの雑種でした。十数年も前に他界しましたが、思い出とともにとても大切な事を今の自分に残してくれました。それもあって十数年間ずっと犬を飼う事に躊躇していました。

飼う側にもペットを売る側にもひとつの命を預かる時には大きな責任と覚悟が必要です。

わたしはそれを知りながら今また犬を飼おうと決意しています。

そしてそのためには大きな責任と覚悟が大切な事を再認識した一日なのでした。

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mudog.blog58.fc2.com/tb.php/9-4f9c037f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。