FC2ブログ

ボストンテリア ブログ ムブログ

ボストンテリアを飼う事を決めました。肝心のボステリさんはまだいません・・・そんな犬無し犬ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の京都へ 世界遺産の巻 前編

9/20から始まった京都旅行。

最終日でもある三日目(9/22)は日本が誇る世界遺産巡りとなりました。

紅葉


一枚だけ色づいたもみじが迎えてくれたのは・・・


金閣寺1 金閣寺2

ご存知、金閣寺。

正式名称 鹿苑寺 (ろくおんじ)


ぶっちゃけ思っていたより感動はありませんでしたが、「これかぁ~」って言う感じでなんだかんだ写真を撮ってました。

建築イメージは「極楽浄土」って事らしいんですが、そう言われるとなるほど・・・と。

立派なたたずまいでした。



竜安寺入り口

つづいて向かったのがここ。

竜安寺

今回の旅行で一番の目的地でした。

竜安寺1 竜安寺2


「石庭、石庭・・・」

と探していると真っ先に目に飛び込んできたのは、雑誌やテレビでもよく見る左側の角度からの風景。



竜安寺3

ちょっと移動して正面から。

あぐらをかきながら石庭を真正面にした時は感動でした。
そのまま余韻に浸るように数分間瞑想にふけりました。

吹いてくる風が心を洗ってくれているような感覚にもなりました。


竜安寺4 竜安寺5

そして座った位置から真後ろを振り返ると襖。

その襖の奥には観音様がじっと石庭を見つめていました。

竜安寺は1450年に建立されたそうなんで、「この観音様は500年以上もずっとこの石庭を見ているんだ」と思うと止まったままの時間を感じました。


吾唯足知

石庭がある側の廊下からぐるっと反対に回るとひっそりと存在するのがこれ。

つくばい(手水鉢)と言うそうですが、真ん中の四角い部分に水が溜まります。

その四角い部分を囲うように四方に漢字があるんですが、真ん中の四角を漢字の「口」として12時の方向から時計回りに読むと

吾 唯 足 知

ワレ タダ タルヲ シル



「自分が存在する事に満足しなさい」

噛み砕くと

「生きてるだけで丸儲け」

と言うか・・・



今の自分に感謝、それだけで十分。


そんな意味らしいです。深い・・・。


当初はやっぱり石庭を目当てに訪れたんですが、入り口でもらったパンフレットでこのつくばいの存在を知り、衝撃的に感銘を受けました。

これを見れただけでも来た甲斐がありました。


==秋の京都へ 世界遺産の巻 前編 終了==

PR:京都満喫旅行
スポンサーサイト

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。